禁煙外来治療の流れ

皆さんはコマーシャルや雑誌等で禁煙外来って見たことないですか?主にヘビースモーカーの方の為に禁煙を促す為の治療を行っています。12週間の間で5回診察を受けることになります。お医者さんとバディを組んで安心して禁煙することが出来ますよ。

禁煙治療で人生が変わる!

昔は日本全国どこにいっても、たばこをプカプカ吸っている人を見かけるのが日常でした。でも最近ではその数が劇的に減っているのです。その理由は喫煙によって健康被害が医学的にも証明されているので、社会的にも禁煙が奨励されていることにあります。
喫煙によって、肺がんや咽頭がんになるリスクが高まります。さらに動脈硬化や呼吸器系疾患のほかに胃潰瘍や十二指腸潰瘍、歯周病などさまざまな病気になり易くなります。それは喫煙者だけにとどまりません、いまは受動喫煙の問題も証明されています。
同じ家でいつもタバコの煙を吸っている家族も同じように病気になるリスクを抱えています。喫煙者もなんとかして禁煙をしたいと思っているのですが、挑戦しては挫折するというのを繰り返してしまいます。それは本人の意思が弱いということなのでしょうか?
じつは、意思とはちょっと違うのです。禁煙にいつも失敗している人は、ヘビースモーカーになっている人が多いです。ヘビースモーカーはニコチン依存症になっていることが多いです。依存症というのは、立派な病気ですから、もはや本人の気合だけでどうにもなるレベルではないのです。そういう人が本気で禁煙したいということになったとは、禁煙治療をすることが必要です。禁煙治療というのは、禁煙外来などの科がある医療機関にいって、医師の指導のもとに治療するということです。そこでどの程度のニコチン依存症になっているのかなどの検査とともに、治療がはじまります。最近は、禁煙のための薬を処方されて禁煙をしていくのが一般的になっています。これは禁煙をしようと思う日の8日前に薬を飲みだしていきます。そして禁煙スタートの日にタバコを吸ってみると、いままではおいしいと感じたタバコがまずくなるという薬です。これによって、いままで禁煙に失敗した人でも成功する確率が高くなっているというのです。まずいと感じることで、無理なく禁煙治療に成功するというのが、ヘビースモーカーたちに支持されているというのです。禁煙成功によって、体質が改善される人が多いです。味覚も改善され食べ物の味がおいしく感じられたりします。また体の臓器の働きもよくなりますから、いつでも体調の良さを感じられるようです。息切れがおさまったり、体の血流がよくなるのを感じるので、自分の人生まで変化しているのを感じる人もいるようです。それだけタバコの害というのは深刻だったというなのです。